11月15日2017年

「マリメッコ・スピリッツ展」オープニング
ギンザ・グラフィック・ギャラリー

マリメッコを代表する3人のテキスタイルデザイナー、パーヴォ・ハロネン、マイヤ・ロウエカリ、アイノ=マイヤ・メッツォラが登壇。
オープニングには、ユッカ・シウコサーリ駐日フィンランド大使も来場しました。

左からパーヴォ・ハロネン、アイノ=マイヤ・メッツォラ、マイヤ・ロウエカリ、

ミンナ・ケメル=クトヴォネン(マリメッコ、デザイン&プロダクト開発ディレクター)

ユッカ・シウコサーリ駐日フィンランド大使

展覧会では、彼らが制作した代表パターン4点と、原画やアイデアスケッチ、インタビュー映像など彼らの創作活動を通して、マリメッコの精神に迫ります。

彼らのインスピレーションによって生まれた新作パターン「JAPAN」も必見です。生地として完成するまでの工程もお楽しみいただけます。

トークイベント:用意した席は全て埋まり大盛況でした。

Photograph by Keisuke Kawanami

オープニングの一コマ(駐日フィンランド大使館twitterより)

https://twitter.com/FinEmbTokyo/status/931068806436356096

https://twitter.com/FinEmbTokyo/status/931070132281135104

https://twitter.com/FinEmbTokyo/status/930710188142690304