Bitterz(ビッターズ)のレバレッジルールは?通貨ペアや規制の設定方法も徹底解説

Bitterz(ビッターズ)は2020年4月に海外で設立し、9月には日本でも取引サービスが開始され、日本でもユーザーが増えている人気の仮想通貨取引所です。
最大レバレッジは、888倍と国内の取引所のレバレッジ規制が2倍ということを考えると、かなりの高倍率の取り引きが可能となっています。
しかし、Bitterzのレバレッジルールは少し複雑なので、分かりにくいという方も多いと思う人も少なくないはず。
そこで本記事では、Bitterzのレバレッジルールや設定方法、注意点などを詳しく解説していきます。
この記事で分かることは、以下の通りです。

  • Bitterzのレバレッジのルールと注意点
  • 他社とのレバレッジ比較
  • Bitterzのロスカットとマージンコール

Bitterzの最大レバレッジは?

冒頭で解説した通りBitterzの最大レバレッジは、888倍です。
果たしてこの倍率は、他社と比較して高いのでしょうか?
以下では、Bitterzのレバレッジを他社の取引所と比較、また通貨ペアのレバレッジも業者ごと異なってくるので解説していきましょう。

仮想通貨の最大レバレッジを他社と比較

まずは、仮想通貨取引の証拠金にどれくらいのレバレッジをかけて取り引きができるのかを見ていきます。
以下では、海外仮想雨通貨業者の最大レバレッジを比較していきましょう。

海外仮想通貨取引業者 仮想通貨の最大レバレッジ
Bitterz 最大888倍
FXGT 最大1000倍
​​​​CryptoGT 最大500倍
AltumFx 最大500倍
CryptoAltum 最大500倍
Exness 常時20倍
TITAN FX 常時20倍
iFOREX 常時13倍
MiltonMarkets 常時10倍
TradersTrust 常時5倍
MYFX Markets 常時5倍

上記の表のように、Bitterzの最大レバレッジは888倍とFXGTの1000倍につぐハイレバレッジ取り引きが可能です。
ただ、Bitterzのレバレッジは証拠金によって変動するので、888倍のレバレッジを設定できるのは、25,000円未満までとなっています。
つまり、証拠金が増えるほどレバレッジの倍率は低くなるというシステムです。
ExnessやTITAN FX、iFOREXなどのように固定と書かれているものは、証拠金の金額に関わらず最大レバレッジの倍率が固定されています。

通貨ペアごとのレバレッジ

次に、通貨ペアごとの最大レバレッジを見ていきましょう。

海外仮想通貨取引業者 通貨ペアの最大レバレッジ
Bitterz 最大888倍
FXGT 最大1000倍
​​​​CryptoGT 最大500倍
AltumFx 最大500倍
CryptoAltum 最大500倍
Exness 無制限(最大21億倍)
TITAN FX 最大500倍
iFOREX 最大400倍
MiltonMarkets 最大1,000倍
TradersTrust 最大3,000倍
MYFX Markets 最大500倍

Bitterzの通貨ペアの最大レバレッジは、888倍と仮想通貨の最大レバレッジと同じです。
こちらのレバレッジも通貨の金額ごとに倍率が決められているので、自分でレバレッジを自由に決められるわけではありません。
しかし、FXGT​​​​、CryptoGT、AltumFx、CryptoAltumの4社は仮想通貨の最大レバレッジと同率の倍率ですが、レバレッジは変更可能です。
また、仮想通貨のレバレッジ倍率と通貨ペアのレバレッジ倍率が異なる業者もレバレッジが自分で設定できます。
では、次の項目でBitterzのレバレッジによる取り引き制限を詳しく見ていきましょう。

Bitterzの取引制限

Bitterzの取引制限は、他社に比べ厳しいといわれています。
その理由は、レバレッジ制限があるからです。
以下の表は、各社の取引制限をまとめたものです。

 

有効証拠金残高 Bitterz 保有ポジションの合計 FXGT ​​​​CryptoGT AltumFx CryptoAltum
2万5千円未満 888倍 30万円未満 1,000倍 500倍 500倍 500倍
5万円未満 500倍 100万円未満 500倍
10万円未満 400倍 500万円未満 200倍 200倍 200倍 200倍
20万円未満 300倍 1,000万円未満 100倍 100倍 100倍 100倍
30万円未満 200倍 2,000万円未満 50倍 50倍 50倍 50倍
50万円未満 100倍 2,000万円以上 20倍 20倍 20倍 20倍
100万円未満 50倍
200万円未満 25倍
200万円以上 5倍

上記の表を見てみると、Bitterzは有効高証拠金残高によってレバレッジ倍率が変動するのに対し、他社は保有ポジションの合計によってレバレッジが決まります。

また、Bitterzの方が取引制限の対象となる金額が細かく設定されており、規制が変動しやすくなっているのです。

このようなレバレッジによる取引制限は、多くの資金で取引したい人にとってはデメリットになるだけでなく、ロスカットを早めてしまう可能性があります。

Bitterzロスカットとマージンコールは?

Bitterzには投資家の資産を守るために、マージンコールとロスカットを採用しています。
マージンコールとは、証拠金の使用率が一定水準に達した際に表示されるアラートです。
Bitterzの場合は、証拠金が150%を下回るとアラートされます。
また、証拠金が100%を下回るとロスカット(強制決算)となり、証拠金以上の損失を出さないようにしているのです。
万が一ロスカットが間に合わず、証拠金以上の損失を出してしまった場合は、ゼロカットシステムで損失料金を追加で支払う必要はありません。
このようにBitterzは、厳しい証拠金管理で利用者の資産を守っているのです。

Bitterzのレバレッジ設定方法

先述の通り、Bitterzのレバレッジは自由に設定することはできません。
しかし、以下の2つの手順で設定を行うことで、レバレッジの引き上げが可能です。

  • 全てのポジションを決済
  • 口座残高を希望のレバレッジ倍率になるように出金

ひとまず、取引中の全てのポジションを閉じて決済します。
そして、口座残高を希望する倍率になるように出金するだけです。
例えば、100倍のレバレッジから300倍に引き上げたい場合は、口座の残高を20万円未満にすることで300倍でのレバレッジ取り引きが可能となります。
このように、レバレッジを変更する場合には口座残高を調整してから、取引を行いましょう。

Bitterzレバレッジ設定注意点

Bitterzでレバレッジを調整する際に、注意点があります。
ロスカットが他の業者に比べて100%と厳しいため、口座残高をこまめに確認しながらレバレッジを調整することが求められます。
例えば負けた時は、一度に入金せずに負けた金額分だけ補充することにより、ロスカットを回避しながらポジションを維持。
勝っている時は、こまめに出金しないとしないとレバレッジが引き上げられてしまいます。
このように、レバレッジの維持や調整するためには、含み損や含み益を確認しながら、取引を行いましょう。

Bitterzレバレッジまとめ

ここまで、Bitterzのレバレッジの仕組みや設定方法について解説してきました。

  • Bitterzのレバレッジは最大888倍
  • Bitterzのレバレッジは有効証拠金残高によって変動する
  • Bitterzのロスカット基準は他者よりも厳しい
  • 口座残高に気をつけながらレバレッジを調整する

Bitterzのレバレッジは、他社と異なるシステムのため、はじめは慣れないでしょう。
しかし、トレーダーの資産を守るための画期的なシステムであり、安心して取り引きができる取引所でもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA