レバレッジ1000倍のFXGTで大損?海外の仮想通貨FXでのスプレッド取引は危険。

FXGTレバレッジ1000倍取引

仮想通貨の海外取引所でついにレバレッジ1000倍に対応した取引所ができました。

その名もFXGTです。FXGTは仮想通貨FXの取引所と海外FXのレバレッジ取引どちらにも対応しています。
初めてレバレッジ1000倍の取引ができると知った時の私の反応は

「怖い・・・・」

これしかありませんでした。10万円で1億円分の取引ができてしまうのは怖すぎますよね。
1万円で1BTC買えちゃうのです。

しかし同時にやってみて稼ぎたいという心理になるのもまた事実。
今回は仮想通貨海外取引所初のレバレッジ1000倍での取引を実現したFXGTでの取引体験記です。

レバレッジ1000倍で5万円分の取引

ルールは簡単。

  • 10万円分証拠金を入金
  • レバレッジ1000倍で取引
  • BTC/USDで取引

この証拠金が20万円になったら私の勝ち。
強制ロスカットを食らったら、相場の勝ちです。

FXGTの仮想通貨レバレッジ取引の基本スペック

さて、取引のリアルな体験記に行く前に、FXGTのレバレッジ取引の基本事項を確認しましょう。
仮想通貨FXのレバレッジ取引では特に、その取引所のルールを知っておくことが鍵になります。

FXGTのBTC/USDのレバレッジ取引ルールは以下の通りです。

FXGTレバレッジ

手数料項目は「いいえ」となっており、手数料がかからないように見えますが、これは罠です。
その横にあるスプレッドというのが実質の手数料となっています。ここについては後ほど語ります。

スプレッド(spread)とは、売値と買値の価格差を指します。
FX取引では常に、通貨を売るときの値段「売値」と通貨を買う時の値段「買値」の2つの為替レートが提供されています。こおの価格差がFXにおける実質的な取引コストです。
このスプレッドがFX業者が手にする実質的な取引コストになります。つまりスプレッドは狭ければ差枚ほどトレーダーにとって有利になります。

FXGTの仮想通貨の強制ロスカットは証拠金維持率20%以下です。またレバレッジ制限については以下の通りです。

FXGTレバレッジ制限

FXGTのレバレッジ制限は取引量に対してかかります。
BTC/USD取引の場合、USDで3000以上かけてしまったらレバレッジ制限がかかるということ。

つまりレバレッジ1000倍での取引は3000ドル。1ドル110円で換算しますと33万円分しかできないということになります。

33万円ですと、1BTC=700万円で計算しても、0.04BTC程度しか買えませんね。
とはいえ、レバレッジ制限がかかっても500倍になりますので、仮想通貨取引所でトップクラスにレバレッジが大きいことは変わりありません。

FXGTについて詳しくは公式HPへ

仮想通貨初心者が10万円分を取引してみた結果

結論から言いますと、勝ち額は20万円を超えましたがその後、強制ロスカットされました。
単純に絶望です。もうほんとに愚かすぎる自分を憎む気持ちが止まらないです。
自己嫌悪感が凄すぎます。というのも取引履歴を見ていただければ納得してもらえるかと思います。

 ポジション量適用レバレッジ損益
1回目
0.01BTC1000倍+8452円
2回目0.03BTC1000倍+37283円
3回目0.03BTC1000倍+8989円
4回目0.03BTC1000倍+9252円
5回目0.04BTC1000倍+5674円
6回目0.04BTC1000倍+58765円
7回目0.04BTC1000倍-228,388円
今回の検証結果については、わかりやすいように日本円に換算しています。FXGTでは以下のようにBTC換算で損益が算出されますのでご注意ください。
FXGT

下手くそすぎました。まさに初心者取引ですね。

大失敗と大成功

今回はレバレッジ1000倍での取引ということで、レバレッジ1000倍が取引できる取引量での条件に絞って取引しました。
2ヶ月に渡る大掛かりな取引記録となりましたが、その半分以上が、塩漬け状態(ポジションを持ったまま放置しておくこと)でした。

そこから気持ちの整理をしてこの記事を書くのにも1ヶ月かかっています。この体験から私が感じたことを記します。

レバレッジ1000倍のロング最強説の検証失敗

最初は、ビットコインなんてロングしておけば負けることないでしょ。ということで、全部ロングでポジションを持っていました。笑

その通り相場が動いて、勝ちまくりました。仮想通貨ちょろすぎと思った矢先に大きく下に下げてしまったのです。

仮想通貨はボラがとにかく大きいので、下を掘ると掘り続けて止まらないということを改めて思い知らされました。

そのまま再浮上する前に私の資金が尽きてしまったのです。
典型的なダメパターンでしたね。レバレッジ1000倍の破壊力を知るとともに損切りの大切さを知る結果になってしまいました。

手数料無料とスプレッドの罠

今回の検証で、思った注意点はスプレッドの罠です。

仮想通貨の取引所はスプレッドがあるのに手数料無料といっている取引所がほとんどです。
確かに、1回の取引で手数料がいくらかかかるというものではないので、いっている事は正しいのかもしれませんが、スプレッドを舐めていると痛い目にあいます。

以下の画像の買値と売値の差がスプレッドです。

スプレッド

スプレッドは、取引量 × 差額分で求められます。
レバレッジ1000倍の取引ではどうしても取引量が大きくなる傾向にあるので、スプレッドは狭ければ狭いほどいいです。

このスプレッドがあることでトレーダーは必ずマイナスの状態からスタートします。
スプレッドが大きく開いたタイミングで取引してしまうとかなりのマイナスからスタートになってしまいます。

このタイミイングを軽視してしまったばっかりに私はマイナスからのスタートにな
ってしまったのです。

FXGTレバレッジ1000倍、仮想通貨取引の結果

今回は、仮想通貨取引で初めてレバレッジ1000倍という最大レバレッジが使える取引所FXGTで取引をしてみました。注意事項は以下の3点です。

FXGT注意事項
  • レバレッジ制限は3000USD
  • 通貨ペアによって最大レバレッジが違う
  • レバレッジの変更はできない

それぞれ詳しく見ていきましょう。

レバレッジ制限は3000USD

FXGTの仮想通貨取引で1000倍の取引ができるのは、3000USD分の取引までです。そこからは取引量に応じて、レバレッジに制限がかかります。

10万円で1億円分の取引ができたり、1万円で1000万円分の取引ができるというわけではないので十分に注意しましょう。

通貨ペアによって最大レバレッジが違う

FXGTでは通貨ペアによって最大レバレッジが異なります。
簡単にいうとマイナーな通貨ペアはレバレッジ制限が早かったり最大レバレッジが小さかったりします。

全ての通貨ペアでレバレッジが1000倍というわけではない点にご留意ください。

レバレッジの変更はできない

また、レバレッジの変更はできません。最初にMT5で設定したレバレッジに従います。
レバレッジを変更し痛かったら新たにMT5の口座を追加すればいいのでご安心ください。

FXGTレバレッジ1000倍取引まとめ

今回は、レバレッジ1000倍で取引していきました。今回の検証で、私は2年ぶり8回目くらいの多いな絶望を味わいました。笑

レバレッジ1000倍は、少ない証拠金で、大きな額の取引を行うことができます。
もちろん、レバレッジを大きくした分リスクも大きくなります。

仮想通貨の相場はボラが特に大きく、いつ相場が大きく変動するかわかりません。
もしレバレッジ1000倍を試してみたいなら、いきなり大きな額を取引するのではなく、少額から試してみてはいかがでしょうか。

FXGTでは、今だけの期間限定で口座を開設しただけで3000円分の証拠金がもらえるキャンペーンも行っているのでおすすめです。

今すぐ3,000円相当のビットコインをGetする

無料で口座開設する

レバレッジ1000倍の取引についてはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA