仮想通貨でレバレッジ100倍は危険なのか?メリット・デメリットを解説!

仮想通貨レバレッジ100倍

仮想通貨の魅力は、高い倍率をかけての取引ができる「レバレッジ取引」です。
このレバレッジで、一攫千金を狙うトレーダーも少なくありません。
しかし、レバレッジ100倍、300倍と高すぎる倍率に抵抗感じてしまう方も多いはず。

「本当にハイレバレッジをかけても大丈夫?」
「リスク管理はどうすれば良い?」

この記事に辿り着いたあなたも、上記のような疑問を抱いているのではないでしょうか?
そこで本記事では、レバレッジ100倍で取引する不安を解消する情報とハイレバレッジで取引する時の注意点を紹介していきます。
この記事を読み終わる頃には、きっとあなたの仮想通貨スキルは間違いなく上がっているでしょう。

仮想通貨でレバレッジ100倍は可能なのか?

結論からいうと、レバレッジ100倍の取引は一部海外の仮想通貨取引所でのみ可能です。
以下では、国内と海外それぞれのレバレッジ事情について解説していきましょう。

国内の取引所はレバレッジ2倍まで

2021年現在、国内仮想通貨取引所で認められているレバレッジは2倍です。
金融庁認定の「JVCEA(一般社団法人日本暗号資産取引業協会)」により、2019年から規制が始まりました。
従来の15倍から4倍、2021年に入るとさらには2倍と規制は年々厳しくなっています。
しかし、これらの規制はあくまでもトレーダーの資産保護を目的とした規制であり、安全性を考慮した上での規制です。
このように日本では、ハイレバレッジでの取引は難しくなっているのが、実情でしょう。

海外の取引所はレバレッジ規制なし

一方で、海外の仮想通貨取引所は、レバレッジに関する明確な規制は今のところありません。
そのため、レバレッジ100倍で取引できる業者は多く存在しています。
しかし、海外の取引業者によっては規制はありませんが一定の「レバレッジ制限」を儲けているところもあるようです。
例えば、日本円で証拠金の残高が一定額以上ないと、ハイレバレッジはかけられないといった制限を儲けている業者もあります。

一攫千金を狙うなら海外取引所を選択

このように、海外の仮想通貨取引業者はハイレバレッジでの取引が可能です。
先述の通り、国内の仮想通貨取引所のレバレッジ倍率は2倍までに制限されています。
確かに国内の方が安全性で考えれば、リスクは低いのかもしれません。
しかし、リターンを考えれば圧倒的に海外の仮想通貨取引所の方が高いのです。
一攫千金を狙うのであれば、信用のある業者を選択しレバレッジ100倍で取引をしてみるのも一つの方法でしょう。

仮想通貨でレバレッジ100倍取引をするメリット

仮想通貨でレバレッジ100倍で取引することのデメリットはあるのでしょうか?
以下では、仮想通貨で100倍のレバレッジ取引をすることで得られるメリットを解説していきます。

億り人になれる可能性がある

億り人とは本来、株やFXで1億円以上の利益をあげた人を指す言葉でした。
2017年から2018年にかけてビットコインの価値が急激に上昇したことで、仮想通貨の世界でも億り人という言葉が使われるようになったのです。
またビットコイン以外にも、アルトコインと呼ばれるマイナーな仮想通貨で億り人になった人もいます。
例えば、証拠金100万円で100倍のレバレッジをかければ1億円相当の取引ができるので、100万円でも億り人になれる可能性は、十分にあるのです。

少ない証拠金で取引できる

レバレッジ100倍で取引するメリットは、なんといっても少ない証拠金で取引が可能な点です。
ただ、先述の通りレバレッジ100倍で取引するには、ある程度の証拠金がなければいけないので、把握しておきましょう。

もしもの時は「ゼロカット」で借金リスクゼロ

レバレッジ100倍での取引というと、どうしてもハイリスクハイリターンであると考えがちです。
しかし、海外業者はそんなリスクに備えて「ゼロカット」というシステムを導入しています。
ゼロカットシステムとは、例え証拠金以上の損失が出たとしても、借金を背負うことにならない夢のようなシステムです。
国内仮想通貨取引所では、追証といって追加の証拠金を請求されてしまいます。
しかし、海外の取引所ではゼロカットシステムを採用している業者が多意のが特徴です。

【注意点】仮想通貨でレバレッジ100倍取引をするデメリット

ここまで、レバレッジ100倍で取引するメリットを解説してきました。
しかし、メリットがあるということは当然デメリットも存在します。
以下では、レバレッジ100倍で仮想通貨取引をするデメリットを解説していきましょう。

証拠金を全て失ってしまう

海外の仮想通貨取引所は、ゼロカットシステムにより証拠金以上の損失はでません。
しかし、証拠金を全てかけ大きな損失を出してしまうことには変わりないでしょう。
そのため、仮想通貨の証拠金は必ず自分の生活にかかるお金以外の余裕のある資金額にしておくことがおすすめです。

価格の乱高下が激しい

仮想通貨は、値動きの激しい投資として知られています。
特に、経済情勢や政治的な動きに影響されやすく、2020年のアメリカの大統領選挙時には、ビットコインの価格が6倍以上の上昇を見せました。
ところが、2021年の3月には半値以上の下降を見せたのです。
このように、仮想通貨は株や投資よりも値動きが激しいものであると、認識しておきましょう。

損切りを躊躇してしまう

レバレッジを100倍で取引をしていると「せっかくレバレッジ100倍で取引してるのだからここで諦めるのはもったいない」となかなか損切りができない状態に陥ります。
また「ゼロカットがあるから大丈夫」とリスク管理をしないでいることは危険です。
ハイレバレッジをかけていても、自分で損切り見極められるようなスキルが大切でしょう。

情報不足が大きな損失を招く

ここまで、100倍のレバレッジで仮想通貨取引をすることのメリット・デメリットを解説してきました。
その中で総じて言えるのが「情報不足を怠ると大きな損失を招く」ということです。
仮想通貨は、デメリットでも話した通り値動きが激しいという特徴があります。
そのため、世の中の情勢や経済状況などの情報が仮想通貨の価格変動の鍵を握っているのです。
情報の収集を怠れば判断をミスしてしまい、大きな損失を産んでしまうでしょう。

まとめ:レバレッジ100倍で賢い投資を

今回は、レバレッジ100倍で取引することについて、さまざまな角度から解説してきました。

おすすめの海外取引所をざっくり紹介
海外の仮想通貨取引業者ならレバレッジ100倍かけられる
レバレッジ100倍をかけるには業者によって条件がある
レバレッジ100倍で「億り人」になれる可能性がある
リスク管理と情報収集を怠らない

レバレッジ取引は、少ない金額で大きな取引ができる夢のようなシステムです。
レバレッジ100倍で取引することは、大変メリットのある取引方だと言えるでしょう。

海外仮想通貨取引所

  • 海外仮想通貨取引所っていっぱいあってわからない。
  • 結局、一番効率よく稼げる取引所はどこ?
  • こんなお悩みを持つ方に、おすすめの取引所を「初心者」「中上級者」向けに分けてお伝えします。
    レバレッジに着目して、効率よく取引できる取引所を厳選してお伝えしています。

    あなたに一番あった取引所選びの参考にしてみてください。

    25社を徹底比較

    海外取引所ランキングを見る

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA