Bybit(バイビット)のレバレッジは?追証や手数料、注意点を徹底解説。

Bybit/バイビット_レバレッジ

Bybit(バイビット )は 最大レバレッジ100倍で取引できる仮想通貨取引所として人気を集めています。
今回はBybitのレバレッジの設定方法から、注意点についても徹底解説していきます。

この記事を読めばBybitのレバレッジ取引について完璧に理解することができるでしょう。

レバレッジとは、担保となる保証金の何倍もの金額を取引することができる仕組みのことです。現物取引であれば5万円で5万円分の外貨しか取引できません。
レバレッジが100倍だった場合、500万円分の取引ができるということ。

金融庁のレバレッジ規制により、国内取引所の仮想通貨FXの最大レバレッジは2倍と定められています。一方で海外取引所は、準拠する国の法律によって適用できるレバレッジが違います。

シンガポールを拠点にするBybitでは最大100倍のレバレッジを適用することができます。

Bybitの最大レバレッジは100倍

BybitのFX取引でかけることができる最大レバレッジは100倍です。
Bybitの取引種別は以下3種類があります。

  • USDT無期限契約
  • インバース無期限契約
  • インバース型先物

3種類の取引種別すべてで最大100倍のレバレッジをかけることができます。
最大100倍のレバレッジで取引できるのは、BTC(ビットコイン)だけですのでご注意ください。

通貨ペアごとによる最大レバレッジについては続いて解説していきます。

通貨ごとの最大レバレッジ

3種類の取引種別、それぞれの最大レバレッジについて見ていきましょう。

まずはUSDT無期限解約です。

USDTを基軸通貨として仮想通貨を取引する方法。
USDTとはテザーという名前の仮想通貨。USDT(テザー)は、アメリカの法定通貨であるUSD(ドル)と価格が連動しており、USDとほとんど同じ価格を維持しています。

このように価格が一定に保たれる通貨はステーブルコインと呼ばれており、USDTはもっとも流通量が多いステーブルコインです。

BybitのUSDT無期限取引は、このUSDTを証拠金として仮想通貨を購入する仕組みです。

XEM/USDT25倍

通貨ペア 最大レバレッジ
BTCUSDT 100倍
ETHUSDT 50倍
BCHUSDT 50倍
LINKUSDT 25倍
LTCUSDT 50倍
XTZUSDT 25倍
ADA/USDT 25倍
DOT/USDT 25倍
UNI/USDT 25倍
XRP/USDT 50倍
SUSHI/USDT 25倍
AAVE/USDT 25倍
DOGE/USDT 25倍

現在、USDT無味現取引で取引できる通貨は14種類です。
レバレッジ100倍で取引できる通貨はビットコインのみで、50倍は、イーサリアム、リップル、ビットコインキャッシュになっています。

それ以外は最大レバレッジ25倍で取引することができます。
流通量が少なく価格変動がはげし通貨は、最大レバレッジが低い傾向にあります。

続いて、インバース無期限契約について見ていきましょう。

インバース型無期限契約は、仮想通貨を証拠金にして仮想通貨の取引をするというもの。基軸通貨はUSD(ドル)です。値動きが大きい仮想通貨を保有してさらにレバレッジをかけた取引ができます。
取引には仮想通貨そのものを入金する必要があります。
インバース型無期限契約で扱っている通貨は以下の通りです。

    BTC(ビットコイン)、ETH(イーサリアム)、EOS(イオス)、XRP(リップル)

これらの通貨は同時位に入金にも対応しています。適用することができるレバレッジは以下の通りです。

通貨ペア 最大レバレッジ
BTC/USD 100倍
ETH/USD 50倍
EOS/USD 50倍
XRP/USD 50倍

こちらはビットコインはレバレッジ100倍で、それ以外はレバレッジ50倍です。

最後にインバース型先物取引について見ていきます。

インバース先物取引は、決済期限が決まっている取引のことです。

インバース型先物も仮想通貨を証拠金にした取引ですが、インバース型無期限契約との違いは期限があるかどうかです。

こちらは先物取引なので決済をしなければいけない期間が決まっています。

メリットとは、無期限契約でかかる資金調達率という手数料が発生しないこと。期間が決まっていることと、手数料が発生しないこと以外はインバース型無期限契約と同じになっている点をご了承ください。

インバース型先物取引のレバレッジは以下の通りです。

通貨ペア 最大レバレッジ
BTC/USD0625 100倍
BTC/USD0924 100倍
BTC/USD1231 100倍
ETH/USD0625 50倍
ETH/USD0924 50倍

以上でBybitの取引種別と通貨ペアごとのレバレッジについての説明を終了します。

他の海外取引所とレバレッジ比較

Bybitの100倍のレバレッジは他のかがい取引所と比較しても普通の水準です。
この章では、海外取引所のレバレッジについて見ていきましょう。

海外取引所 最大レバレッジ
Bybit 100倍
CryptoGT 500倍
FXGT 500倍
BINANCE 125倍
OKEx 125倍

海外仮想通貨取引所で最大のレバレッジを持つのはFXGTの500倍のレバレッジです。
Bybitの100倍はそれほど高いレバレッジではありません。

100倍のレバレッジもビットコインだけです。
Bybitのレバレッジ設定は、クロスマージンと分離マージンというものを設定することができます。
これを使いこなすと便利なのでぜひご活用ください。

クロスマージン・分離マージンの違い

Bybitではクロスマージンと分離マージンというものがあります。
簡単に説明すると

  • クロスマージン:証拠金の全額を取引に使用する
  • 分離マージン:証拠金から指定した分で取引すること

それぞれ詳しく説明していきます。

クロスマージン

まずはクロスマージンです。
クロスマージンは証拠金を全額取引に使うため、大きな利益を狙うことができます。
一方で、ロスカットを喰らった際には、預け入れていた額の全てを失うため、注意が必要です。

Bybitでは以下の画面のように基本設定はクロスマージンになっています。

Bybitクロスマージン

分離マージン

続いては分離マージンです。分離マージンは、預け入れた資産の中からご自身で使う分を決めるというイメージです。

分離マージンのメリットは、取引のリスクを抑えることができる点です。
デメリットはトレーダーとしての技術が必要な取引です。分離マージンで儲けるには、ご自身で資金管理して、最適な量を市場に投入しなければなりません。

分離マージンを使いこなすことができれば、効率的に利益をあげることができるでしょう。

分離マージンの設定は以下、マージン画面から設定できます。

Bybit分離マージン
レバレッジをコントロールすることで制限します。

Bybitレバレッジ設定方法

続いてはBybitのレバレッジ設定方法です。Bybitのレバレッジは何も変更しなければ、最大レバレッジ設定されています。
戦略的なトレードをしたい方は、レバレッジを変更するといいでしょう。また分離マージンを選択し、裁量に合わせてトレードすることもおすすめです。

それではレバレッジ設定方法を見ていきましょう。

手順1
通貨ペアの選択
まずは、トレードしたい通貨ペアを選択します。今回はUSDT取引のBTC/USDTを選択します。

通貨ペア

手順2
分離マージンを選択
Bybit分離マージン
分離マージンを選択します。
手順3
レバレッジを指定
下記画面のようにバーが出てきますのでご自身の希望するレバレッジを指定しましょう。

分離マージン

Bybitレバレッジ取引のメリット

続いてBybitのレバレッジ取引のメリットを見てきましょう。Bybitのレバレッジは決して高いとは言えません。

ただし、Bybitならではのメリットがありますので、ぜひ参考にして見てください。
Bybitのレバレッジ取引のメリットは以下3点です。

メリット
  1. レバレッジは変更可能
  2. 追証なしのゼロカット
  3. 1倍単位で設定できる
それぞれ見ていきましょう。

レバレッジは変更可能

Bybitでは取引途中にレバレッジを変更することもできます。
取引所では通常、ポジションを決済するまでレバレッジが変更できません。Bybitでは、いつでもレバレッジを変更できるというメリットがあります。

ただし、レバレッジを変更するということはロスカットラインも変わるということ。
レバレッジを変更うする際は注意して変えるようにしましょう。

追証なしのゼロカット

Bybitでは追証なしのゼロカットを採用しています。

追証は、追加証拠金の略称で実質の借金のこと。国内の取引所では追証が発生する恐れがあります。Bybitではゼロカットがあるから借金の恐れはありません。ゼロカットとは、入金した額以上のマイナスは取引所がわ(Bybit)が負担してくれるというもの。そもそもゼロカットになるいうことは、ロスカットが間に合っていないとうこなので、取引所側に責任があるという意味合いでゼロカットは始まりました。

追証なしのゼロカットについては、ほんとんどの取引所で採用しています。ただし、国内の取引所は、追証が発生するリスクがあるのでご注意ください。

1倍単位で設定できる

Bybitは1倍単位でレバレッジを設定できます。
レバレッジ1倍は実質現物取引と同じです。レバレッジを自由に設定できるのはBybitの最大の魅力ですね。

Bybitのレバレッジ取引にかかる手数料

この章ではBybitのレバレッジ取引にかかる手数料について解説していきます。
Bybitのレバレッジ取引にかかる手数料は以下3つです。

  • 取引手数料
  • Funding手数料
  • 決済手数料

Bybitでは、入出金に手数料がかかりません。
それでは上記4点を説明していきます。

Bybit(バイビット)の取引手数料

Bybitの取引手数料
メイカー:-0.025%
テイカー:0.075%

Bybitの取引手数料は業界で最もお得です。
テイカー手数料は0.075%で、安い水準ではありませんが、メイカー手数料の-0.025%は、手数料がもらえるという画期的なシステムです。

bybitでは、メイカーで注文し続ければ、手数料をもらい続けることができます。
他の海外取引所と比較した際のBybitの立ち位置は以下の通りです。

海外取引所 最大レバレッジ
Bybit メイカー:-0.025%
テイカー0.075%
BINANCE メイカー:0.02%
テイカー:0.04%
OKEx メイカー 0.02~0.015
テイカー 0.05~0.03%
MXC 一律0.2%

上記は大手の海外仮想通貨取引所ですが、マイナス手数料を採用しているのはBybitのみです。
レバレッジ取引をするにあたって、取引手数料を節約することは重視したいポイント。スキャルピングやデイトレードをする方は、Bybitでの取引がお得だと言えるでしょう。

Funding手数料

続いてはFunding手数料です。Funding手数料は資金調達率ともいい、一定時間になるとかかる手数料です。
BybitでFunding手数料がかかる時間帯は以下の時間です。

0:00、8:00、16:00
12時から8時間ごとに発生し、一日3回発生します。

この時点でポジションを保有していた場合に資金調達の支払い、もしくは受け取りが発生します。

そして、この資金調達率の計算は以下の通りです。

資金調達料 = ポジション価額 x 資金調達率

ポジション価額 = 契約数量 ÷ マーク価格

現在の資金調達率が払う方なのか、もらう方なのか、またいくらかかるのかはトレード画面からわかりますので、参考にしてください。

Bybit(バイビット )資金調達率

決済手数料

Bybitはインバース型先物取引の時のみ決済手数料がかかります。
決済手数料とは、先物取引で期日までに取引しなかった場合にのみかかる手数料で、決済手数料の0.05%です。

期日までに決済するように注意しましょう。

Bybitレバレッジまとめ

Bybitレバレッジまとめ
レバレッジ100倍
レバレッジ100倍はビットコインのみ
分離マージンで1~100倍まで変更できる
手数料は業界一やすい

当記事ではBybitのレバレッジについてまとめていきました。
Bybitはレバレッジ100倍で取引でき、豊富なボーナスキャンペーンと業界一やすいマイナスの手数料で人気を集めています。

仮想通貨FXの取引を考えている方はこの機会にBybitで取引してみてはいかがでしょうか?

マイナス手数料で取引を開始する

無料で口座開設する

海外仮想通貨取引所

  • 海外仮想通貨取引所っていっぱいあってわからない。
  • 結局、一番効率よく稼げる取引所はどこ?
  • こんなお悩みを持つ方に、おすすめの取引所を「初心者」「中上級者」におすすめの取引所に分けておすすめします。
    レバレッジに着目して、効率よく取引できる取引所を厳選してお伝えしています。

    あなたに一番あった取引所選びの参考にしてみてください。

    25社を徹底比較

    海外取引所ランキングを見る

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA