CryptoGTのレバレッジは?注意点から登録、入金出金方法まで徹底解説。

CryptoGTでは2019年から業界最高水準の500倍のレバレッジで仮想通貨FX取引ができます。
業界で初めてダイナミックレバレッジという仕組みを導入することにより、最大500倍のレバレッジを実現できています。

ハイレバレッジと聞くとリスクが高いように感じる方もいると思いますが、実はレバレッジは高ければ高いほど、ローリスクで取引できます。

今回の記事では、CryptoGTでレバレッジを設定する方法と、基本情報、入出金方法を徹底解説していきます。

CryptoGTのレバレッジは?

CryptoGTでは最大500倍のレバレッジをかけることができます。最大レバレッジは取引量に応じて変動するダイナミックレバレッジシステムが採用されています。

ダイナミックレバレッジでは、取引量が少ないほどレバレッジを大きくかけることができます。
つまり取引ボリュームが小さいほど、少ない金額で取引が可能です。
通貨ペアや取引量の大きさごとにかけることができる最大レバレッジの額は異なります。

それぞれの通貨ペアごとのレバレッジと取引量を見ていきましょう。

CryptoGTは50以上の通貨ペアで最大500倍のレバレッジ

まずは500倍のレバレッジが適用されるトークンから見ていきましょう。

500倍のレバレッジが適用されるトークンは以下の通りです。

    BTC(ビットコイン)、LTC(ライトコイン)、ETHイーサリアム)、BCH(ビットコインキャシュ)、XRP(リップル)、DSH(ダッシュ)、XMR(ステラルーメン)、ADA(カルダノ)、BSV(ビットコインSV)、BNB(バイナンスコイン)、XTZ(テゾス)、IOT(アイオタ)、MBT(ミリビットコイン)、DOT(ポルカドット)

上記トークンをそれぞれ、「USD(ユーエスドル)」「JPY(日本円)」「BTC(ビットコイン)」「EUR(ユーロ)」で取引することができます。

レバレッジは最大500倍かけることができます。それぞれの通貨ペアの、最小ロットと最大ロットを見たい方は下記をクリックしてください。

仮想通貨ペア 最小ロット 最大ロット レバレッジ
BTCUSD 0.01 50 最大500
LTCUSD 1 400 最大 500
ETHUSD 0.1 150 最大 500
BCHUSD 0.3 40 最大 500
XRPUSD 100 120000 最大 500
DSHUSD 1 140 最大 500
XMRUSD 1 300 最大 500
BTCJPY 0.01 50 最大 500
ETHJPY 0.1 150 最大 500
XRPJPY 1000 120000 最大 500
LTCJPY 1 400 最大 500
BCHJPY 0.3 40 最大 500
XMRJPY 1 300 最大 500
DSHJPY 1 150 最大 500
LTCBTC 1 400 最大 500
ETHBTC 0.1 150 最大 500
BCHBTC 0.3 40 最大 500
XRPBTC 1000 120000 最大 500
DSHBTC 1 140 最大 500
ETHLTC 0.1 80 最大 500
BCHLTC 0.3 40 最大 500
DSHLTC 1 140 最大 500
BCHETH 0.3 40 最大 500
XRPETH 1000 80000 最大 500
DSHETH 1 140 最大 500
BCHXRP 0.3 40 最大 500
LTCXRP 1 400 最大 500
DSHXRP 1 140 最大 500
BCHDSH 0.3 40 最大 500
EOSJPY 50 1000 最大 500
EOSUSD 50 1000 最大 500
EOSBTC 50 1000 最大 500
TRXUSD 5000 500000 最大 500
BTCEUR 0,01 50 最大 500
ETHEUR 0.1 150 最大 500
BCHEUR 0.3 40 最大 500
XRPEUR 100 120000 最大 500
LTCEUR 1 400 最大 500
DSHEUR 1 140 最大 500
ADAUSD 500 500000 最大 500
ADAJPY 500 500000 最大 500
ADABTC 500 500000 最大 500
ADAXRP 500 500000 最大 500
ADAEUR 500 500000 最大 500
BSVUSD 1 200 最大 500
BNBUSD 5 3000 最大 500
BNBBTC 5 3000 最大 500
BNBJPY 5 3000 最大 500
BNBXRP 5 3000 最大 500
XLMUSD 500 1000000 最大 500
XLMJPY 500 1000000 最大 500
XTZUSD 50 35000 最大 500
IOTUSD 100 100000 最大 500
MBTUSD 1 500 最大 500
XMREUR 1 300 最大 500
DOTUSD 10 15000 最大 500
DOTEUR 10 15000 最大 500
DOTJPY 10 15000 最大 500

シンセティックペアのレバレッジは最大500倍

CryptoGTでは、仮想通貨同士を組み合わせた独自の通貨ペアで取引することができます。
それをシンセティックペアと言います。シンセティックペアで取引できる通貨は、以下の6通貨ペアです。

    BTCXAU / BTCXAG / BTCUSO / BTCSPX / BTCFCB /BTCTWR

それぞれの最小取引量と、最大レバレッジが知りたい方は以下をクリックしてください。

通貨ペア 最小ロット 最大ロット レバレッジ
BTCXAU 0.01 50 最大 500
BTCXAG 0.01 50 最大 500
BTCUSO 0.01 50 最大 500
BTCSPX 0.01 50 最大 500
BTCTWR 0.01 50 最大 500
BTCFCB 0.01 50 最大 500

DEFI TOKENSの最大レバレッジは100倍

CryptoGTではDefiの銘柄を取引することができます。

DeFi(Decentralized Finance)とは、パブリックブロックチェーン上に構築される分権的な金融システムを指します。取引所、レンディング、デリバティブ、資金調達等の金融システムをブロックチェーンを活用して表現することで、従来よりも透明性が高く、今暗号通貨業界で最も盛り上がっている領域の1つ。

取引できるDefi銘柄は以下の4銘柄です。

    WBTC、LINK、ZRK、REN

それぞれUSD(ユーエスドル)で建てることができます。それぞれの最小取引量とレバレッジが知りたい方は以下をクリック。

仮想通貨ペア 最小ロット 最大ロット レバレッジ
LNKUSD 10 1000 最大 100
WBTUSD 0.01 5 最大 100
ZRXUSD 100 25000 最大 100
RENUSD 100 25000 最大 100

CryptoGTのレバレッジ制限

CryptoGTは、最大レバレッジが500倍までですがポジションボリュームによってレバレッジの制限があります。
このレバレッジの制限も、通貨ペアによって制限がかかるレバレッジの大きさが異なりますのでそれぞれ注意してください。

通貨ペアごとに見ていきましょう。

主要仮想通貨ペアのレバレッジ制限

まずは、主要仮想通貨のレバレッジ制限を見ていきましょう。
主要仮想通貨は以下の通りです。

    BTC、XRP、DSH、LTC、BCH、ETH、EOS、XMR、MBT

上記通貨のレバレッジ制限は以下のようになっています。

ティア ボリューム(USD) レバレッジ マージン % 通貨ペア毎の上限
ティア 1 0 – 10,000 1:500 0.2 $1,000,000
ティア 2 >10,000 – 50,000 1:200 0.5 $1,000,000
ティア 3 >50,000 – 100,000 1:100 1 $1,000,000
ティア 4 >100,000 – 200,000 1:50 2 $1,000,000
ティア 5 >200,000 1:20 5 $1,000,000

マージンはスプレッドの大きさのことで、ポジション量が少ないと実質の手数料であるスプレッドも小さくなります。

流通量がやや少なめな通貨ペアのレバレッジ

続いては流通量がやや少なめな通貨ペアのレバレッジを見ていきます。
当てはまる通貨は以下の通りです。

    ADA、BNB、BSV、TRX、XLM、XTZ、IOT、DOT

それぞれのレバレッジ制限は以下のポジション量でかかります。

ティア ボリューム(USD) レバレッジ マージン % 銘柄毎の上限
ティア 1 0 – 10,000 1:500 0.2 $300,000
ティア 2 >10,000 – 20,000 1:200 0.5 $300,000
ティア 3 >20,000 – 60,000 1:100 1 $300,000
ティア 4 >60,000 – 80,000 1:50 2 $300,000
ティア 5 >80,000 1:20 5 $300,000

Defi銘柄のレバレッジ制限

最後にDefii銘柄のレバレッジ制限がかかるタイミングを見ていきましょう。
Defi銘柄は以下の通貨ペアです。

    LNKUSD、WBTUSD、ZRXUSD、RENUSD

Defi銘柄が制限がかかるのは以下のタイミングです。

ティア ボリューム(USD) レバレッジ マージン % 銘柄毎の上限
ティア 1 0 – 10,000 1:100 0.01 $100,000
ティア 2 >10,000 – 20,000 1:50 0.02 $100,000
ティア 3 >20,000 – 50,000 1:20 0.05 $100,000
ティア 4 >50,000 – 100,000 1:10 0.1 $100,000

上記で全ての銘柄のレバレッジと、レバレッジ制限のタイミングについての説明を終わります。
ここからは、CryptoGTでレバレッジの設定の仕方を見ていきましょう。

CryptoGTのレバレッジ設定方法

CryotoGTのレバレッジは、最大で500倍までかけることができますがレバレッジ倍率を自分では変更できません。

公式にメールをしなければいけないのでご注意ください。
お問い合わせ先: jpsupport@cryptogt.com  まで下記内容をメール

    • 【レバレッジ変更依頼】
    • トレーディング口座ID:
    希望レバレッジ倍数:(5倍・10倍・20倍・50倍・100倍・200倍・500倍がお選びいただけます)

このレバレッジの変更申請はポジションを持っていないときに申請してください。
ポジション保有中はレバレッジの変更ができませんので、注意しましょう。

CryptoGTの追証とロスカット

レバレッジ500倍で取引できるとなると、心配なのが借金の発生はないのか。リスクはないのか。という点だと思います。
この章では、ハイレバレッジのリスク面で会えう追証とロスカットについて見ていきます。

結論から言うと、CryptoGTは追証なしのゼロカットで、ロスカット率は100%です。

CryptoGTは追証(おいしょう)なしのゼロカット

CryptoGTは入金額以上の損失が絶対に出ることのないゼロカットシステムを採用しています。

追証とゼロカットについてもっと詳しく知りたい方は以下をクリック。

追証(おいしょう)とは追加証拠金(ついかしょうこきん)の略称のことで、FX取引において、損失が発生し証拠金維持率を下回った場合に、追加で証拠金を入金しなければいけないと言う状態です。
ゼロカットとは、相場の急激な変動などにより、損失が発生した場合に取引所が損失分を負担するシステムのことを言います。

ゼロカットは追加料金も必要なく特に申し込みの必要もありません。
CryptoGTでは、500倍のハイレバレッジとゼロカットの組み合わせによって安心して大きな利益を狙ったトレードをしていただけます。

ロスカット率は100%

ここまでCryptoGTの追証なしゼロカットについて説明してきました。CryptoGTでは借金が発生しないということがわかっていただけたと思います。

ゼロカットは急激な相場変動などの、ロスカットが対応しきれないケースに発生するものです。

この章ではCryptoGTのロスカットについて解説していきます。
ロスカットの意味を詳しく知りたい方は以下をクリック。

ロスカットとは、ポジションの損失が一定以上に達した時に、そのポジションを自動的に終了させるシステムのこと。トレーダーの損失拡大を防ぐために取り入れられている制度です。

ロスカットが執行されるタイミングは。証拠金維持率100%を下回った時です。
証拠金維持率とは、そのポジションを保つために必要な資金に対して、口座内のお金に何%ほどの余剰資金があるかを表した数値です。
証拠金維持率の計算の仕方は下記の通りです。
証拠金維持率=証拠金/必要証拠金(取引額/最大レバレッジ)×100
それぞれの用語の意味は以下の通りです。

・必要証拠金・・・ポジションを保有するのに最低限必要な証拠金

・有効証拠金・・・証拠金+含み損益

・証拠金維持率・・・有効証拠金÷必要証拠金×100

この計算式で、証拠金維持率が100%を下回った時点で強制ロスカットが執行されます。

ロスカット率100%は仮想通貨取引所の中では、平均並みのレバレッジです。
決して優位性のあるレバレッジではない点に注意しましょう。

ロスカット率については公式が提供しているhttps:/cryptogt.com/jp/tools証拠金計算ツールを使って、いつのタイミングでロスカットされるのかを確認するのがおすすめです。

CryptoGTにかかる手数料は3種類

ここまでCryptoGTのレバレッジとロスカットについて見いていきました。

続いては手数料について詳しく見ていきましょう。
CryptoGTで発生しうる手数料は以下の3種類です。

3種類の手数料
  • スプレッド(売買手数料) :売買する時に発生する実質の手数料
  • 入出金手数料 :入出金時に発生する手数料
  • スワップ手数料 :1日6回特定の時間に発生する金利差

それではそれぞれ見ていきましょう。

CryptoGTのスプレッドは一般水準

CryptoGTでは取引手数料がかかりません。
その代わりにかかる実質の手数料がスプレッドです。スプレッドについて詳しく見ていきましょう。

スプレッドとは売値と買値の価格差の事です。
FXの取引では、常に通貨を売るときの値段「売値」と通貨を買う時の値段「買値」の2つの為替レートが提供されています。

この差分がスプレッドで、ユーザーにとっての実質的コストです。

CryptoGTのスプレッドは以下の通りです。

通貨ペア Bid(買)スプレッド Ask(売)スプレッド
BTC/USD 0.08 0.08
LTC/USD 0.44 0.44
ETH/USD 0.48 0.48
BCH/USD 0.35 0.35
XRP/USD 0.41 0.41
DSH/USD 0.41 0.41
XMR/USD 0.35 0.35
BTC/JPY 0.09 0.09
LTC/JPY 0.39 0.39
ETH/JPY 0.46 0.46
BCH/JPY 0.51 0.51
XRP/JPY 0.46 0.46
DSH/JPY 0.46 0.46
XMR/JPY 0.41 0.41
LTC/BTC 0.33 0.33
ETH/BTC 0.48 0.48
BCH/BTC 0.30 0.30
XRP/BTC 0.30 0.30
DSH/BTC 0.27 0.27
XMR/BTC 0.31 0.31
ETH/LTC 0.49 0.49
BCH/LTC 0.40 0.40
DSH/LTC 0.36 0.36
BCH/ETH 0.40 0.40
XRP/ETH 0.38 0.38
DSH/ETH 0.37 0.37
XMR/ETH 0.40 0.40
BCH/XRP 0.39 0.39
LTC/XRP 0.45 0.45
ETH/XRP 0.48 0.48
DSH/XRP 0.37 0.37
XMR/XRP 0.46 0.46
BCH/DSH 0.39 0.39
BCH/XMR 0.39 0.39
DSH/XMR 0.43 0.43
LTC/XMR 0.47 0.47
ETH/XMR 0.42 0.42
EOS/JPY 0.52 0.52
EOS/USD 0.52 0.52
EOS/BTC 0.52 0.52
TRX/USD 0.55 0.55
BTC/EUR 0.08 0.08
ETH/EUR 0.4 0.4
BCH/EUR 0.4 0.4
XRP/EUR 0.4 0.4
LTC/EUR 0.5 0.5
DSH/EUR 0.6 0.6
XMR/EUR 0.55 0.55
ADA/USD 0.55 0.55
ADA/JPY 0.55 0.55
ADA/BTC 0.55 0.55
ADA/XRP 0.55 0.55
ADA/EUR 0.55 0.55

スプレッドは通貨ペアや取引時間によってスプレッドは変化します。一例として参考にしてください。
CryptoGTのスプレッドはマーケットデプスによって決められています。
マーケットデプスでは、少ないロット数でポジションを保有する場合にはスプレッドは狭く、ロット数が大きくなるにつれてスプレッドが広くなっていく仕様となっております。マーケットデプスについてもっと詳しく見ていきましょう。

CryotoGTでは2019年1月より「マーケットデプス」を実装しており、通貨ペアの流動性を加味した上で、ご注文いただくロット数に応じて価格が変化する仕様となっております。

マーケットデプスの特徴は以下5点です。

マーケットデプスの特徴
  1. 板注文画面を利用した際の約定率は100%
  2. 15以上のデータソースを利用したセキュアで低遅延エンジンの提供
  3. スプレッドのさらなる改善
  4. 価格の透明性の提供
  5. 全てのトレーダーが利用可能

大きなロット数でポジションを保有する場合には、BUYの場合でもSELLの場合でも有利な金額から順に処理されていき、最終的な金額が決定されます。

CryptoGTでは、マーケットデプス(Depth of Market)の導入により、スプレッド革命を実現しています。

スプレッドを狭くご利用いただけるようになるのはもちろん、マーケットデプス(Depth of Market)によって透明性の高い価格の提供も可能です。

マーケットデプスについて詳しくはこちらのURLもご覧ください
https://cryptogt.com/jp/trade-questions

スワップ手数料は1日に6回発生

続いてはスワップについてです。CryptoGTでは、「3時、7時、11時、15時、19時、23時」に保有するポジションに対してスワップ手数料が生じます。つまり1日に計6回スワップ手数料が発生します。
スワップ手数料とは、通貨間の金利差によって生じる手数料で通貨の組み合わせによってはスワップ手数料が付与される場合もあります。

CryptoGTのスワップは以下の通り

主軸通貨 平均SELLスワップレート(%) 平均BUYスワップレート(%)
BTC -0.0085% -0.0100%
BCH -0.0105% -0.0100%
XRP -0.0100% -0.0115%
DSH -0.0105% -0.0110%
ETH -0.0111% -0.0101%
LTC -0.0100% -0.0105%
ADA -0.0126% -0.0114%
EOS -0.0107% -0.0117%
BNB -0.0163% -0.0186%
BSV -0.0109% -0.0112%
TRX -0.0155% -0.0148%
XMR -0.0166% -0.0158%
XLM -0.0141% -0.0141%
XTZ -0.0143% -0.0143%
MBT -0.01% -0.01%
IOT -0.014% -0.014%
DOT -0.0152 -0.0157

Defiトークンは以下の通り発生します。

主軸通貨 平均SELLスワップレート(%) 平均BUYスワップレート(%)
WBTUSD -0.0138% -0.0156%
LNKUSD -0.0137% -0.0147%
ZRXUSD -0.0151% -0.0173%
RENUSD -0.0149% -0.0169%

スワップは毎日4時間ごとに計算されて、発生いたします。
実際に発生するスワップは、通貨ペアの価格に影響を受けるため通貨ペアの価格が急騰急落した際にはスワップレートが変化する可能性があります。

また、デモアカウント上の環境はライブアカウント上の環境と基本的に同様ですが、状況に応じてやや異なる場合もありますのでご注意ください。
以上でCryptoGTで発しする手数料は終わりです。

入出金手数料は無料なので安心してください。

CryptoGTレバレッジまとめ

今回はCryptoGTのレバレッジを中心にまとめていきました。レバレッジに関する要点は以下の通りです。

CryptoGTレバレッジ
  • レバレッジは最大500倍
  • 通貨によってレバレッジ制限が違う
  • レバレッジの変更はメールをしなければいけない
  • ロスカット水準は100%
  • 手数料はスプレッドとスワップ
  • CryptoGTは最大レバレッジ500倍と豪華なボーナスで現在仮想通貨界隈で人気を博しています。
    特にアルトコインのスプレッドは狭く58種類もの銘柄を取引できるのは魅力的ですね。

    CryptoGTが少しでも気になった方は口座を開設して見てはいかがでしょうか?

    今すぐ豪華なボーナスをGetする

    無料で口座開設する

    海外仮想通貨取引所

  • 海外仮想通貨取引所っていっぱいあってわからない。
  • 結局、一番効率よく稼げる取引所はどこ?
  • こんなお悩みを持つ方に、おすすめの取引所を「初心者」「中上級者」におすすめの取引所に分けておすすめします。
    レバレッジに着目して、効率よく取引できる取引所を厳選してお伝えしています。

    あなたに一番あった取引所選びの参考にしてみてください。

    25社を徹底比較

    海外取引所ランキングを見る

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA