Exness(エクスネス)仮想通貨のレバレッジは?制限やレバレッジ無制限も解説

exness(エクスネス)レバレッジ

Exness(エクスネス)はレバレッジ無制限とロスカット水準0%のハイスペックなブローカーとして人気を集めています。

Exnessは海外FX業者として人気を集めていますが、仮想通貨の取引も行えます。
今回はExnessの仮想通貨レバレッジに焦点を当てた記事です。

Exness仮想通貨のレバレッジルールを正しく理解し、トレードに役立てていただければ幸いです。

この記事でわかること
  • exnessの通貨ペアごとのレバレッジ
  • exnessの他社と比較したレバレッジ
  • exnessのレバレッジ設定方法
  • exnessのレバレッジ無制限とは

それでは解説していきます。

exness(エクスネス)仮想通貨の最大レバレッジは200倍

exnessの仮想通貨の最大レバレッジは200倍です。取り扱い通貨は以下の通り。

通貨ペア 最大レバレッジ
BTC/USD 200倍
ETH/USD 200倍
LTC/USD 200倍
XRP/USD 200倍
BCH/USD 200倍

exnessの仮想通貨取引は、USD建のスプレッド式取引のみです。
現在は上記5種類の取引のみですが、都度追加されていくとのこと。最大レバレッジの拡大やにも期待できますね。

他社と比較しても平均的なレバレッジ

続いてはexnessの仮想通貨取引の最大200倍というレバレッジを他社と比較していきます。
以下は、人気海外取引所の最大レバレッジを比較したものです。

海外取引所 最大レバレッジ
exness 200倍
BINANCE 20倍
Bybit 100倍
OKEx 125倍
FXGT 1000倍
Bitterz 888倍
CryptoGT 500倍

世界最大レバレッジを誇っているのはFXGTの1,000倍です。exnessはスプレッド方式で、FXGTと同じ形態です。
スプレッド方式にしては仮想通貨のレバレッジは小さい方ですね。

exnes為替海外FXと仮想通貨どちらのサービスも提供しています。
海外FXのレバレッジは無制限と強気の設定。仮想通貨でも同じレバレッジになる可能性はゼロではないので期待したいですね。

ロスカット水準0%は業界で最も低い

exnessの仮想通貨取引はロスカット水準は0%です。
これは仮想通貨取引所の中でも最低水準です。以下は他社と比較した時のロスカット水準です。

海外取引所 ロスカット水準
exness 0%
FXGT 50%
CryptoGT 100%
Bitterz 100%

スプレッド方式の取引所はロスカット水準が低ければ低いほどトレーダーにとって有利です。

ロスカット水準とは、証拠金に対して、何%分の取引ポジションになった時に強制ロスカットが執行されるという水準です。
低ければ低いほど、長くポジションを持つことができます。その点exnessの仮想通貨取引はトレーダー優位だと言えます。

ここからはexnessの海外FXとしてのレバレッジ水準を見ていきましょう。

exness(エクスネス)の海外FXレバレッジは?

exnessでは為替のFXでレバレッジ無制限を実施しています。

レバレッジ無制限は、いつでも誰でもできるというわけではありません。
公式サイト上でも『レバレッジ無制限』という文言で記載がありますが、実際には『レバレッジ21億倍』です。
この数値で証拠金の算出を行うルールになっていますが、実質必要証拠金はほとんどの場合「0円」で済みます。

レバレッジ無制限解放条件は2つ

レバレッジ無制限を解放する為には2つの条件を達成する必要があります。

①取引回数10回以上
②取引量5ロット(50万通貨)以上

上記2つの条件をクリアすれば『レバレッジ無制限』が利用できます。
条件達成後に、マイページから『レバレッジ無制限』が選択できるようになります。

4種類の口座タイプ全てでレバレッジ無制限は解放可能です。

exnessレバレッジ注意点

注意点は、以下の2点です。

①MT5はレバレッジ無制限利用不可

現在 Exness で利用可能な4種類の口座全てで『レバレッジ無制限』は利用可能ですが、プラットフォームは【MT4】に限られます。

MT5ではレバレッジ無制限は利用できません。MT5での最大レバレッジは2000倍までとなります。

②レバレッジ制限の影響を受ける

レバレッジ無制限解放後も、次項で述べる『レバレッジ制限』ルールに則り、最大レバレッジが制限されます。

アカウント内残高等によってレバレッジ無制限は利用不可になります。

exnessのレバレッジ制限ルール

exness のレバレッジ制限ルールは3つあります。

①アカウント内残高による制限がある

海外FX業者としては一般的なルールですが、Exness でも口座内残高によって最大レバレッジが制限されます。

残高と最大レバレッジの制限内容を以下の表にまとめました。

▼全口座タイプ共通/口座内残高によるレバレッジ制限

有効証拠金(USD) 利用可能な最大レバレッジ
0 – 999 無制限(21億倍)
1,000 – 4,999 2,000倍
5,000 – 14,999 1,000倍
15,000 – 29,999 600倍
30,000 – 59,999 400倍
60,000 – 199,999 200倍
200,000以上 100倍

 

レバレッジ無制限が使えるのは、口座内残高が1,000ドル未満の時に限られます。

2021年3月にアカウント内残高によるレバレッジ制限は緩和されました。

1万5千ドル未満であれば1,000倍、6万ドル未満であれば400倍のレバレッジがかけられます。

②取引商品種類による制限

取引商品の種類によって、最大レバレッジが異なります。

▼投資商品毎の最大レバレッジ

  • メジャー通貨ペア⇒最大2000倍
  • マイナー通貨ペア⇒最大2000倍
  • 貴金属⇒最大2000倍
  • エキゾチック通貨ペア⇒最大200倍
  • インデックス(指数)⇒最大100倍
  • 仮想通貨⇒最大100倍
  • エネルギー⇒最大50倍
  • 株式⇒最大20倍

「最大レバレッジ2000倍」になっている商品については条件達成後は『レバレッジ無制限』が使用可能です。

分類が同じであっても商品毎に最大レバレッジは異なる場合もあります。

ゴールドとプラチナは同じ『貴金属』に分類されますが、【ゴールドの最大レバレッジは2,000倍】【プラチナの最大レバレッジは100倍】です。

③経済指標/土日祝日による制限

指標発表時と、土日のマーケットが開閉する前後の時間帯で、新規発注ポジションの最大レバレッジが制限されます。

▼経済指標

指標発表前の15分~指標発表後の5分間は、影響を受ける通貨ペアの新規ポジションは最大レバレッジが200倍に制限されます。

▼土日

金曜日の19:00 GMT(FX市場が閉まる3時間前)から日曜日の23:00 GMT(FX市場が開いてから2時間後)の新規発注は最大レバレッジが200倍に制限されます。
レバレッジ制限については公式サイト上の【よくある質問】というFAQが非常に充実しています。

利用前に一読しておいた方が良いかもしれません。

exness(エクスネス)のレバレッジまとめ

今回はenxessの仮想通貨のレバレッジを見た後に、為替FXのレバレッジを見ていきました。

exnessは為替FXではレバレッジ無制限を実施していますが、仮想通貨の最大レバレッジは一律で200倍です。

ロスカット水準が0%という点は、他の海外取引所と比較した時に優位性があります。
ロスカット水準0%でロスカットからの距離が遠く、安全に取引したい方はexnessで口座を開設してみてはいかがでしょうか。

無料で口座開設する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA